リアップの副作用はナッシング|安全性に自信がある

健康な頭皮へ導く方法

女性

女性の薄毛対策としては発毛剤などのアイテムを取り入れるのが一番です。頭皮の血行不良が原因で抜け毛増加することもありますから、頭皮のマッサージなども合わせて行いましょう。ケアを続ければ薄毛は改善できる可能性があります。

迷ったら植毛をしよう

頭

てっとり早く自分の髪を取り戻したいなら、自毛植毛を選ぶのが得策でしょう。メンテナンスがほとんど必要なく、薄毛になる前の生活に戻ることができるのです。将来のボリュームを維持するためには、自毛植毛後に正しい発毛ケアを行うことが大切となります。

効果が高い分リスクもある

男の人

第一類医薬品の育毛剤です

リアップは第一類医薬品に分類される育毛剤です。これは医薬部外品のものとは異なっていて、一般的な医薬品の中では効き目が高い一方で副作用が起こる率も高いそうです。実際にリアップの説明書には副作用についての注意が書かれています。具体的には、頭皮関連では発疹やかぶれ、ふけ等の症状があり、他には頭痛や胸の痛み、脈拍が早くなったり、血圧低下、むくみなどの副作用がでることもあるそうです。このような症状がでた場合には、リアップの使用を止めて医師あるいは薬剤師に相談するようにと書かれています。実際のところリアップを使用して副作用が出る人の割合は1割弱位だといわれています。そして、発疹やかゆみ、血圧低下の副作用の出現率が高いそうです。

効果の高い成分が原因

リアップの副作用の原因は、育毛効果の高い成分であるミキノシジルだそうです。この成分は血管を広げる効果があって、それで血流がよくなります。これが頭髪に栄養分を与え、老廃物の排出にも寄与するわけです。ところが血管拡張作用は、同時に上記のような発疹やかゆみ、血圧低下などの副作用を起こすこともあります。また、心臓や腎臓が悪い人や高血圧だったりする人はリアップの使用前に医師や薬剤師に相談するとの但し書きもあります。リアップは最低でも3ヶ月から6ヶ月の連続使用が推奨されていますので、副作用が出るようですと育毛効果が現れる以前に中止しなければならなくなります。この場合にはミキノシジルと同等の効果のある他の成分を使っている育毛剤を試してみることでしょう。

薄毛の治療をするなら

紳士

大阪には育毛ができるクリニックが増えつつあり、中には薄毛治療専門のクリニックも登場してきています。大阪で評判になっている育毛できるクリニックは発毛実感率が高い、料金がリーズナブルなどのことで人気になっていますので、クリニック選びの際には参考にしてみましょう。